生産過程において

実際に、農業ソリューションとICTがどのように結びついているのかというと、主に生産する段階がもっとも効果的に行われていると言われています。例えば、センサーを導入する事によって、畑やビニールハウスの温度や湿度などの環境をモニタリングしたり、過去の栽培実績などをデータ化する事によって、これまで感覚でしか頼ることができなかった判断を多角的に検討する事ができる世になっております。特に生産管理は誰でも最良の結果を生み出す事ができますので、利益の拡大につながっております。

他にも複数の農家で効果的な計画であったり実績などを共有する事ができたり、ICTを導入して以降のデータを積み重ねる事によって、次回の生産を効率良くするための改善点などを簡単に見つける事ができるようになっております。

農業の担い手が少なくなっているのは、農業の大変さもあるとは思いますが、農業が経験者でないとしっかり利益を上げる事ができないという難しさもあります。大変でもきちんと稼ぐ事ができるのであれば、多くの方が農業に携わるようになっていくのは間違いありません。より簡単により負担の少ない農業をする環境を整えるためにも、農業ソリューションはとても重要になってくるのです。

ICTとは

農業ソリューションがここまで急激に取りあげられるようになったのは、2020年に農林水産物の輸出額を1兆円規模にする方針が安倍政権から発表されたからです。特にこれまでの農業を更に効果的に発展させるための切り札として期待されるICTの導入は急務になっております。

このICTとは、「InformationandCommunicationTechnology」の頭文字をとった略称で、日本語に翻訳すると情報通信技術と呼ばれている技術です。これまで人力で行ってきた分野の中からコンピューターなどを導入してIT化する事によって、より短時間でより負担の少ない状況で利益を上げるために必要な分野だと言われています。最近では、全国の小中学校にパソコンや校内で使用するLAN回線などを導入した事で広く知られるようになりました。

農業ソリューションにICTを取り入れる事によって、より短い時間で簡略的な仕事を出来る環境を整えているのです。例えば、税務申告や生産工程にICTが多く利用されています。また、流通や販売などの分野にもICTを効果的に取り入れる事によって、多くの農家の方が恩恵を受けられるようになりました。これから徐々にICTの制度を上げて行く事によって、より効果的な農業ソリューションを実現する事ができるようになるのです。

農業ソリューションとは

農業ソリューションという言葉をご存知でしょうか。最近では、何でもすぐに横文字にしたがる傾向がありますので訳がわからなくなっている方も多いと思います。農業ソリューションのソリューションという英語を直訳すると、解決するという意味になります。そのため、農業ソリューションの本来の意味は農業を解決するという意味になります。農業を解決するという意味は、分かるようで不親切な言葉です。農業を解決すると言われても、解決しなければいけない問題も分かりませんし、解決する方法も分かりません。

そのため、農業ソリューションは抽象的な意味合いで使用されています。例えば、最近増えて来ている農業ソリューションを行っている企業では、少ない人数で大変という問題を解決する為に活動を行っていたり、もっと短い時間で出荷までの手続きを取ろうとしている活動も農業ソリューションだと言えます。100人いれば100通りの農業ソリューションがあるのです。

そこでこちらのページでは、これまで農業ソリューションの事を知らなかったという方の為に、2016年の11月現在において、どのような農業ソリューションが行われているのかを具体的にご紹介して行きます。現在の日本では、このままで行くと将来的に安心で安全な食品を安定して供給する事ができなくなると言われています。農家の状況も非常に厳しい状況に追い込まれており、民間の企業が力を入れている農業ソリューションが将来の鍵を握っておりますので、しっかりとチェックしてください。