ICTとは

農業ソリューションがここまで急激に取りあげられるようになったのは、2020年に農林水産物の輸出額を1兆円規模にする方針が安倍政権から発表されたからです。特にこれまでの農業を更に効果的に発展させるための切り札として期待されるICTの導入は急務になっております。

このICTとは、「InformationandCommunicationTechnology」の頭文字をとった略称で、日本語に翻訳すると情報通信技術と呼ばれている技術です。これまで人力で行ってきた分野の中からコンピューターなどを導入してIT化する事によって、より短時間でより負担の少ない状況で利益を上げるために必要な分野だと言われています。最近では、全国の小中学校にパソコンや校内で使用するLAN回線などを導入した事で広く知られるようになりました。

農業ソリューションにICTを取り入れる事によって、より短い時間で簡略的な仕事を出来る環境を整えているのです。例えば、税務申告や生産工程にICTが多く利用されています。また、流通や販売などの分野にもICTを効果的に取り入れる事によって、多くの農家の方が恩恵を受けられるようになりました。これから徐々にICTの制度を上げて行く事によって、より効果的な農業ソリューションを実現する事ができるようになるのです。